社員紹介

ヤタローと自分が繋がることで、

日本とインドネシアの架け橋に。

ヤタローと自分が繋がることで、

日本とインドネシアの架け橋に。

2012年 新卒入社
2010年-2012年アルバイト期間あり
グローバル
マネジメント
企画・開発
製造
キャリアステップ
※リンクをクリックすると詳細内容が開きます
2012年
4月 / 大学院生として勉学に励みながら、ヤタローで2年アルバイトを行った後、会社の雰囲気に惹かれ、正社員として入社を決意する。製造の焼き菓子部門に配属される。
 
8月 / マレーシアのショッピングモールにラスクの店舗をオープンさせるため、現地で日本人社員と現地スタッフの間を取り持つ役割を担う。
2014年
外国人社員一人一人が自立して日本で生活できることを目標に、生活全般のサポート業務を開始する。
2015年
インドネシアの駅構内にたい焼きの専門店「富士山鯛焼」をオープンさせるため、0から店作りを行う。
2016年
富士山鯛焼の店舗を、富士宮あさぎりフードパーク内にオープンさせるため、店舗開発に携わる。
2017年
日本文化に興味があるインドネシア人に向けて、新しい和菓子の開発に挑む。
現在 / 海外事業室グローバル社員
サポート担当
現在 / 海外事業室グローバル社員サポート担当
業務内容
①グローバル社員のサポート

現在ヤタローに在籍する外国人社員(中国、モンゴル、ネパール、インドネシア)全員の仕事や生活のサポートをしています。本人が自立して日本で生活できることを目標に支援を行っています。本人と一緒にビザの申請、車の保険加入、配偶者のケア、など手広くサポートしています。私自身、サポートが少なかった入社当時は、不安で母国へ帰りたくなってしまったこともありました。そのような自分自身の経験をふまえ、手厚いサポートを行うようにしています。
自分自身の目標は永住ビザを取得することです。永住ビザの条件で、「日本に対して有益な仕事をしたか」を問われる項目があります。日本とインドネシアを繋ぐため、これからも努力していきます。

 

②海外店舗管理

インドネシアのたい焼き店舗の管理として、売上、棚卸し、粗利を集計し、本社の管理に報告する役割を担っています。現地の社員がスムーズに働くことができるようにサポートを行っています。

 

入社後~現在までの業務割合

グローバル社員サポート 40%
海外店舗開発 35%
国内店舗開発 10%
工場勤務 10%
和菓子開発 5%
PRIVATE

日本の四季を楽しむため、夏は夜釣り、冬にはスノーボードをはじめました。特に夜釣りは大学院生のころから始め、浜名湖で釣った魚を自分でさばいて食べたりもします。釣りをしながらアイデア出しも行えるのでいい気分転換になっています。